ブサメンのイクメンブログ

メモブロ




Fire TV Stickでアマゾンのプライムビデオを見た

テレビコマーシャルでも話題。アマゾンのFire TV Stickをついに買ってしまった。これで、プライムビデオを無料で見まくれる。

アマゾンのfire tv stick

テレビを見ないので関係ないと思っていたが、あまりにも評判が良かったから体験してみたくなり4980円で買ってしまった。発売前の予約の時はギフト券還元されて980円だったのを知っていただけに悔しい!たま~に20%オフで売るときもあるけど、そのタイミングも逃した。泣。

画質が地デジだわ

wifiのストリーミング配信なので、起動が遅くなったり、止まったり、画質がyoutube並だったり…ってことを想像していて躊躇していたが、レビューをみたら、完璧だとの声が多数。初めはステマを疑ったが、考えてみれば1000件以上のステマなんてありえないし、アマゾンのような大企業になれば、ステマをやって信用を落とす方が痛いはずだ。

早速セットしてみた。HDMI端子に挿して、電源をつなぐ必要がある。バスパワーじゃきついよな、さすがに。

起動すると、自分のアカウントがすでに入っている!さすがだわ。あとはwifiの暗証番号をいれるだけで、夢のオンデマンドの世界へ。
DVDだと今の地デジテレビだと画質が荒く暗っぽくなるがfire TVはHDで見れて問題なしだ。

fire tvのリモコン
最大限にシンプルにしたリモコン。説明書がなくても直感で操作可能だ。

プライムビデオは日本のテレビドラマも多数

予想以上にコンテンツが盛りだくさん!洋画はもちろん、邦画や国産ドラマ、アニメまでなんでもござれ。

伝説の映画、バックトゥーザフューチャーも123あった。しかも字幕版と吹き替え版まで。
最近話題で見逃していた下町ロケットもあった。嬉しい誤算は妖怪ウォッチが全話あるのだ。
妖怪ウォッチは毎朝日曜日に放送されるのだが、子供にせがまれ、録画して溜めこんでHDDの容量が圧迫されていたが、おかげで地デジの録画された妖怪ウォッチは全部削除することができた。オンデマンドで見れるから、データを保持する必要もCMスキップの必要もない。うれしい誤算だ。

これらが、無料で見れる!もうプライム会員になって、アマゾンのゴールドカードを持つしかないでしょ!

悪い点

Fire Stick TVに悪い点は起動に30秒ぐらい時間がかかるぐらいだ。使い方がシンプルすぎて複雑な動作がさせられない。あと早送りやスキップがちょっと遅い。ストリーミング配信なのでしかたいといえばしかたない。例えば、妖怪ウォッチを1話見終わったらストップしてほしいのだが、勝手に2話目に突入してしまう。これじゃ、子供にテレビを辞めさせるタイミングを伝えられない。

Fire TV Stickではなくプライムビデオの話になるのだが、kindle fireでみると、画室が悪いぐらいかなー。

あえて、上げるとしたらそれくらいというぐらいで、値段を考えるとコスパ最強である。ツタヤとか他の動画配信サービスは全滅するんじゃないかなー。makitaの掃除機の記事で国産を買えとかいったけど、こういうITの仕組みではアメリカさんには勝てないなー。日本はアマゾン、グーグル、アップルににケツの毛までむしりとられるだろうな。

タブレットでプライムビデオをみたい

何度も迷った。何度もね。いらないのは分かっている。でも、期間限定で値引きされた4980円のFire タブレット。買うしかないっしょ!
既にKindle Paperwhiteと11インチの他社のタブレットを持っている自分にとって、安物買いの銭失いになりそうな予感はあった。

ファイアータブレットの箱

お菓子みたいな箱に入っとります。パッケージを空ける感覚はコアラのマーチである。
fireタブレットの箱の裏

夜に寝る前に横になりながらタブレットで映画を見る。最高じゃん。だが、一瞬で機体を裏切られた。

amazonのプレアミアビデオ

安価だけに、タブレットの外枠も無駄に広くて質感もチープである。7インチと小さい画面なのに、画質は荒く、wifiが弱くないの、動画をみいるとノイズが入る。音も悪い。これで、映画を見るという主目的が破たんした。

さらに、kindleのように電子書籍として使うにもフォントもガタガタで、電池の持ちも8時間と悪い。タブレットとしては、電池の持ちは悪くないが、映画が見るに堪えないので、使い道が読書のみになってしまった。kindleのwhite paperのバッテリーが3週間持つことを比較するとkindleで読書としても使い難い。

子供のオモチャとしてもいいのだが、タブレットはどうしても近くでみることになるため、目が悪くなりそうだから避けたい。

唯一の使い道

唯一の使い道は、Kindleオーナー ライブラリーをカラーで見られることぐらいである。基本的にモノクロで問題ないが、あえて言うならね。オーナーライブラリー以外の読書は11インチのタブレットや、スマホ、パソコンで見た方が画質が高く見やすい。Fire タブレット がつけいる隙は、指定されたkindle端末でしか見れないコンテンツのみなのだ。

LTEもないから外に持ち運ぶのもしんどいし、容量も小さいし、SDカードをいれてコンテンツをダウンロードしてまでして持ち運びたいような代物でもないし…

いらねー。4980円でよかった。

初めての端末ならコスパ最強

とはいえ、4980円のタブレットに画質と音質を求めるのはそもそも間違っている。
kindleを何も持ってない人にとっては最強の端末なのではないだろうか。しかも5000円と言うカテゴリの中でだったら間違いなくナンバーワンのコスパである。アマゾンは端末を売ることで利益を得ようとしているわけではなく、それに付随するサービスでの利益を狙っているからこそできる価格なのである。

恩恵を受けるべき人は受けておこう。金のない大学生とかにとって最高のアイテムじゃないのかな。

-ガジェット

Copyright© メモブロ , 2021 All Rights Reserved.