ブサメンのイクメンブログ

メモブロ




中古車は絶対にディラーで買うべき

今まで、安い中古車を乗り継いで変えていたが、今回はじめて、ディーラーで中古車を買ってみた。その時の品質の良さとアフターメンテナンスに感動した。

激安中古車

今までの車は、徹底的に安い車を選んできた。
相場を調べ、安いところがあれば、遠いところだろうが、店の評判など気にせず、値段だけで決めていた。

するとどうだろうか。
1台目は、トヨタ車の四駆。1年目からオイル漏れが始まり、タイヤ交換しようとしたら、ジャッキの部品が足りなかった。遠いところだから、文句を言っても仕方ないが、最悪だった。
2代目は、三菱の四駆。収納されているサードシートを空けたら、スナック菓子が出てきた。まったく掃除もされていない。そして初回の車検で足回りの整備をしたら24万円もかかった。5年目に、水温計があがり、修理に出したら、エンジンの内部が壊れていたとのこで泣く泣く廃車。
3台目は、マツダのファミリーカー。メチャクチャ煙草臭い。前の客の個人情報と音楽がナビに入りっぱなしで、音楽を消すのが大変だった。なぜか一括削除がないのね。

値段相応なので、ある程度覚悟はしていたが、全てはずれだった。

ディーラーは安い

ディーラーは高い!という、偏ったイメージが悪かった。
たしかにディーラーは高品質な中古車しか扱っていないから、高いというイメージがある。

だが、高品質な中古車の中で比較すると、個人の店よりも球数も多く安かったのだ。

ディーラーの方が車両価格が安い合理的な理由

ディーラーには新車を3年の車検のタイミングや新型がでたら乗り換える富裕層の優良顧客が多数いるため、ワンオーナーで高品質の中古車がガンガン入ってくるのだ。車検もディーラーで通すから、安心だし、記録簿も残っていることが多い。

ディーラーとしても、多数の中古車を確保できるから、高品質な車を安く販売することができる。

高品質な中古車ほど、ディーラーが大量に保持しているため安いのである。

最寄りの店舗にしてくれた

ディーラーは、全国に散らばっている。
ただし、同じトヨペットやネッツトヨタという名前でも、系列が違う。

そのため、家の近くの店舗まで来てくれることはできない。

しかし、同じ系列のグループ間での移動は可能である。

東京の車を買おうとして電話をしたら、自宅から最寄りのグループである神奈川県の店まで車を移動してくれた。

距離にして100キロ程度も近くなった。

アフターメンテナンスが完璧

購入が決まり、車を渡されるときに、感動した。
エンジンオイル、ワイパーゴム、冷却水、エアコンフィルター、キーレスの電池まで、何も言ってないのに全て交換してくれたのだ。

それに加えて1年間のメンテナスがついている。
このメンテナンスに関しては、当然、自宅から最寄りの店舗で修理してもらえる。

ある程度の価格の車を乗るなら、やはり、中古車はディーラーで買わなきゃだめだね。

それより、新車を買える側になりたいわ~

-節約

Copyright© メモブロ , 2021 All Rights Reserved.